今月のお題「図書館が出てくる本」

10月例会テーマ別ブックリスト
書かれた当時の社会背景や文化を色濃く映すフィクションの中の図書館像、いろいろな作品が集まりました。
☆が付いているのは例会の時評判が良かった3冊です。この3冊に次いで、『黄色い本』も人気がありました。




☆書名『はちうえはぼくにまかせて』
著者 ジーンジオン
出版社 ペンギン社
出版年 1982
値段 1260
分類 726(絵本)
コメント・植物を上手に育てるために僕が行ったのは・・・。すごくかわいい本です。
・図書館が生活に根付いている様子がよくわかる本だということで、ぜひ読みたいです。

☆書名 「バベルの図書館」 『伝奇集』所収
著者名 ホルへ・ルイス・ボルヘス
出版社 岩波書店(文庫)
出版年 2003
値段 630 分類963
コメント・バベルの図書館には、20あまりのアルファベットのあらゆる可能な組み合わせ、すなわち、あらゆる言語で、およそ表現しうるすべての内容の本が存在する。自分の一生を記した書物もどこかにある……。まさに宇宙としての図書館を感じる一編。
・こちらは現実離れした究極の図書館です。6角形の部屋が六方上下、延々と続く無限の図書館で、一生を費やして究極の一冊を探し求める人々のお話。読み終わった後あまりのスケールにめまいがします。

☆書名 れんげ野原のまんなかで
著者名 森谷明子
出版社 東京創元社
出版年 2005
値段 1500円 分類913.6
コメント ど田舎にたてられた秋庭市立秋葉図書館を舞台に展開する日常のミステリ短篇集。図書館が出てくる小説は数あれど、こんなにも現代日本の公共図書館魂を感じる本は今までなかった。これが世の中の標準的な図書館イメージになるといいなぁと思います。

書名『黄色い本』
著者 高野文子
出版社 講談社
出版年 2002
値段 840
分類 726マンガ
コメント・何度勇気をもらったことかわからない本です。
・一度読んだだけでは分からない渋い傑作。読めば読むほど味が出る、するめのようなマンガです。

書名『御書物同心日記』
著者 出久根達郎
出版社 講談社
出版年 1999
値段 520(文庫)
分類 913
コメント 江戸時代の「国立国会図書館」勤務の同心のお話。本にまつわる事件や謎が明かされます。

書名『図書館の死体』ほか シリーズ4冊
著者 ジェフ・アボット
出版社 早川書房(文庫)
出版年 2005.3
値段 840
分類 933
コメント 都会からUターンした若き図書館長ジョーダン・ポティートの図書館で、口論した中年女性の死体が見つかった。アメリカの図書館制度がかいま見えます。

書名『バビロンまで何マイル?』
著者 川原泉
出版社 白泉社
出版年 1997.12
値段 550
分類 726
コメント 図書館の主のユウリ(女)は、はまっているジャンルがプロレタリアートだから、「あんたしか読まないよ」的本を特権で買いそろえちゃう。司書としてはどうよと思いつつ、密かにうらやましかった。

書名『ファンタージエン 秘密の図書館』
著者 ラルフ・イーザウ
出版社 ソフトバンククリエイティブ
出版年 2005.10
値段 1800
分類 943
コメント 『はてしない物語』に登場するあかがね色の本は、いかにして古書店にたどり着いたのか。古書店の老人が経験した冒険は?

書名『薔薇の名前』
著者  ウンベルト エーコ
出版社 東京創元社
出版年 1990
値段  上 ¥2,415 ¥2,415
定番なので恥ずかしい。訳に、?なところ(みたい…は、ようなor 如く、にしてほしい。文体の統一が乱れてきれいでない)とかはあるが。
コメント 権力と宗教と異端の関係など、現代のことかとも思う。異端はキリスト教圏からみたイスラム圏でもあり、権力が仕掛け民間から見た公務員かと。「異端」の存在は権力にとって必要なものなのだ。図書館好きには、高密度に楽しめると思う。

書名『失踪日記』
著者  吾妻ひでお
出版社イースト・プレス
出版年 2005
値段 ¥1,197
分野を問わず、表現者はかっこいい。
休み時間ごとに、図書館のベンチ(風)に横になりに来る少年が二人いる。これを読んでから私は彼らに優しく接するようになった。ところが、それからあまり来なくなったのは何故だ?

書名     自殺倶楽部
著者名    谷村志穂
出版社    集英社
出版年    1997
分類     913.6
値段(本体) 381
コメント 主人公の「私」は学校の図書館で詩を読む会に誘われるが、その実体は自殺倶楽部だった。「私」はそこで死を記録する役割を頼まれる。こうして「私」は生と死を見つめていく。出てくる図書館は暗くて、ステレオ・タイプだが、場面としてとても印象に残っている。

書名     図書館の神様
著者名    瀬尾まいこ
出版社    マガジンハウス
出版年    2003
分類     913.6
値段(本体) 1200
コメント 生徒に尋ねたら、「これでしょ」と出された一冊。読んでいないのでコメントできない(だったらここに挙げるな!)。図書館にあるときに、借り出して読もうと思っている。

書名『図書館の興亡』
著者  マシュー・バトルズ
出版社 草思社
出版年 2004
値段  本体¥2500
ベタなので恥ずかしい。でもこれは、愛のある「図書館の歴史」なので。


その他思いついた本や参考になるサイトなど
シャーロット・マクラウドの「シャンディ教授」シリーズ(推理小説・創元推理文庫)。彼の奥さんは大学の司書で、アメリカのライブラリアンってすごいなー、と思いました。
中島敦「文字禍」古代アッシリアの粘土板図書館が舞台のホラー(笑)/柊あおい『耳をすませば』映画もいいけどマンガもいいですよ/ブラッドベリ『華氏四五一度』未来の焚書時代を描いた傑作/浦沢直樹『MONSTER』図書館が火の海になるシーンで鳥肌!/高野文子『るきさん』図書館員になれなかったらこんな生活がしたかった/長野まゆみ『天体議会』図書館の備品の発光体で本を読むシーンがすてき/村上春樹『海辺のカフカ』『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』/瀬尾まいこ『図書館の神様』瀬尾まいこは好きだけどこれだけはちょっと…これが学校図書館だと思って欲しくない!司書でなかったらほほえましく読めたかも知れないと思います。

図書館が出てくるSFリストhttp://www.asahi-net.or.jp/~rh7r-oosw/libsf/ls01.html
図書館小説ベストテンhttp://melon.gc.matsuyama-u.ac.jp/~fujimoto/libfiction.html
『映画の中の本屋と図書館』 飯島朋子著 日本図書刊行会 2004-10

展示の様子
実際に展示をされた方の写真の投稿をお待ちしています。HP担当者までお送り下さい。
スポンサーサイト

今月のお題「ハロウィン」

9月例会テーマ別ブックリスト
☆が付いているのは例会の時評判が良かった3冊です。

☆書名「ハロウィーンがやってきた」
著者  レイ・ブラッドベリ著,伊藤典夫訳
出版社  晶文社,1997
値段  1800円
分類  933
コメント ・ハロウィーンの日の夜,アメリカのイリノイ州の小さな町に住む少年たちが,歴史をさかのぼる大冒険をする話。さすがにブラッドベリ,詩的な言葉がいっぱいのファンタジーになっている。でも,教育的な目的で,ハロウィーンの本質を知らせようとしたのかと感じられなくもない。
・典型的なアメリカのハロウィンの夜に、少年たちにふりかかる恐ろしい事件。サスペンスタッチのファンタジー。

書名「十月はハロウィーンの月」
著者 ジョン・アップダイク,ナンシー・エクホーム・バーカート絵 長田弘訳
出版社 みすず書房,2000
値段 1600円
分類  931
コメント 原題は,「子どものカレンダー」。1年各月ごと12編の詩を収めている。
だからハロウィーン主体の本ではない。日本語のタイトルをこれにしたのは,「ハロ
ウィーン」ということばにインパクトがあるからか。ハロウィーンの詩がほしいと
き,思い出してください。

書名『壁のなかの時計;ルイスと魔法使い協会1』
著者 ジョン・ベレアーズ
出版社 アーティストハウス
出版年 2001
値段 1,680
コメント:両親を事故でなくしておじの元に身を寄せたルイス。そのおじも、周りの人も魔法使いだった!ハロウィンの夜にルイスが起こした事件によってとんでもない闘いが始まる。

書名『魔女ジェニファとわたし』 (岩波少年文庫)
著者 E.L.カニグズバーグ
出版社 岩波書店
出版年1989
値段 672円
コメント:『クローディアの秘密』で同じ作者がニューベリー賞を争ったという前代未聞の作品。『クローディあの秘密』が取ったのですが、どちらも古くなくて面白い。

☆書名  「 まじょのスーパーマーケット 」
著者   スーザン・メドー
出版社  フレーベル館
値段   1200円
分類   726
コメント
ハロウィンの日にヘレンといぬのマーサが、前を歩くおばさんが落とした割引券を渡そうとして迷い込んだスーパーは普通のスーパーじゃなかった。変な食べ物を売っているし、ほうきばっかりたくさん売っている。ここって何?

書名  「 いまはあき 」
著者   ロイス・レンスキー
出版社  あすなろ書房
値段    650円
分類    726
コメント
 おちばや、りんごの収穫、そしてハロウィン。秋のたのしみを描いた小さな絵本。

書名「 今夜はすてきなハロウィーン(「坂田靖子の本1おばけや怪物のおはなし」 収録)」
著者   坂田靖子 
出版社  潮出版社
値段    971円
分類    726
コメント
みんながお菓子をもらって歩いているハロウィンの晩に風邪を引いて寝ていたウィリーは、夜中に自分のかぼちゃのランタンを持っていく少年を見て追いかけます。追いかけた先では魔物たちのお祭りが開かれていて・・・。

書名「ゆかいな仮装をたのしむ本」
著者 アンジェラ・ウィルクス
出版社 メディアファクトリー
値段 ¥2200
分類 750
コメント  ハロウィンといえば、仮装。この本には、ライオンや馬、おばけ、ロボット、王様、手品師など、ありとあらゆる仮装の実例とその詳しい作り方が載っている。高校時代、毎年AETたちを交えて行なわれるハロウィンパーティーに何を着ようかと悩んだものだが、当時この本を知っていたらなあ、と思う一冊(いつも適当に布に穴をあけて「おばけ」とかやっていた)。ちなみに私は「エキゾチックバード」がお気に入り。来年の長野大会の余興の参考にどうでしょう?

書名 栗、かぼちゃ、おいものお菓子
著者名 伊藤栄里子
出版社 文化出版局
出版年 2003
値段 1500円
分類596
コメント カボチャを使ったお菓子って、パンプキンパイ以外にあんまり思いつかないもの。去年それで悩んでいたときに見つけた本です。見た目につられて、借りていく女子多し。

書名 彼女の部屋
著者名 藤野千夜
出版社 講談社
出版年 2003
値段 1600円
分類913.6
コメント 短篇集の最初の一篇が「ハローウィーン」というお話。子どもたちを迎える大人の側から見たハロウィンです。

書名 カウボーイビバップ 天国の扉
著者名 渡辺信一郎
出版社 角川書店
出版年 2002
値段 476
分類913.6
コメント 元々はアニメ映画で、クライマックスがハロウィンのパレードシーンです。本で読むとそんなにハロウィン!という感じではないですが。

その他思いついた本、参考になるサイトなど
『食材図典』…カボチャのページを開いておいておく。おもちゃカボチャがかわいい。
ハロウィン・ジャパン・インフォ http://www.h-jp.info/
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス http://www.movies.co.jp/nightmare_ce/


ハロウィン
書名  「スヌーピー」
著者   チャールズ・M・シュルツ
出版社  角川書店ほか
出版年  いろいろ
値段   いろいろ 
分類    726
コメント
 ライナスといえば、毛布とカボチャ大王。ハロウィンの夜には本当にカボチャ大王がやってくると信じている彼。だからからかわれるのだね。でも私だってサンタは信じたいから…。

書名  「ヨーロッパの祝祭典 中世の宴とグルメたち」
著者   マドレーヌ・P・ゴズマン
出版社  原書房
出版年  1986
値段    2,039円
分類    386
コメント
 中世ヨーロッパの一年間の行事を宴会中心に書いた本で、おいしそうな話がいっぱい。年間をとおしてどの行事にも使えます。

書名  「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」
著者   ティム・バートン
出版社  リブロポート
値段    円
分類    726
コメント
 クリスマスなのでは? という声もあろうかと思いますが、住人はハロウィンの人々ですから。

書名『ハロウィン・パーティー』
著者名 アガサ・クリスティ
出版社 早川書房

書名「ハロウィーンってなぁに?」
著者 クリステル・デモワノー著
出版社  主婦の友社 ,2006
値段  1,365円
分類  絵本
コメント 新米魔女と一緒に、ハロウィーンのあれこれについて勉強しましょう。由来から楽しみ方まで、わかりやすく書かれています。

書名「ダヤンとハロウィーンの戦い」
著者名 池田 あきこ
出版社 ほるぷ出版 ,2005
値段:\1,470
分類:913.6

書名「おさるのジョージ ハロウィーン・パーティーにいく」
著者名 ハンス・アウグスト・レイ著
出版社 岩波書店 (2003-10-08出版)
価格 \945
分類:絵本

書名「ハロウィーンのおばけ屋敷」
著者名 エリカ・シルバーマン文 ジョン・エイジー絵
出版社 セーラー出版 1999
価格 \1,575
分類 絵本

書名「ハロウィーンの魔法」
著者名 ルーマ・ゴッデン
出版社 偕成社 1997
価格 \1,260
分類 933


他に思いついたものがあったらどんどんコメント欄に投稿してください。

今月のお題「月」

8月例会テーマ別ブックリスト
☆が付いているのは例会の時評判が良かった3冊です。

書名『月光公園』       
著者名 東逸子 宙野素子  
出版社 ミキハウス  
出版年 1993  価格 1800
コメント
水に浮かんだ月をすくい上げると、それは月光公園の切符だった。
月夜の晩の不思議な物語。

書名『少年アリス』         
著者名 長野まゆみ 
出版社 河出書房新社  
出版年 1989  価格 980(文庫399)
コメント
「決まっているぢゃないか。ブリキ板で月を、貝殻で星を作るんだよ。」夜の学校で授業を受けている少年達を見たアリスは、新入生と間違えられて、いっしょに行動することになります。
夏の終わりに読むと季節感もぴったり。

書名『月光浴』  
著者名 石川賢治著
出版社 小学館
出版年 1990.11
価格 3107円 
コメント 月の光だけで写した写真は、青のグラデーションと神秘さが抜群。この後『京都月光浴』『地球月光浴』『月光の屋久島』『満月の花』『大月光浴』等が刊行されている。

書名『月世界大全 太古の神話から現代の宇宙科学まで』
著者名 ダイアナ・ブルートン著 鏡リュウジ訳
出版社 青土社
出版年 1996.11
価格 本体4660円
コメント サブタイトルにあるとおり、月にまつわるエトセトラの本。図版も多く、見応え・読み応えあり。

☆書名『月の砂漠をさばさばと』  
著者名 北村薫 
出版社 河出書房新社  
出版年 1999  価格 1400
コメント1
9歳のさきちゃんと作家のお母さんの毎日を描く物語。
タイトルの後には、"さーばのーみそ煮がゆーきました"と続きます。
今度始まる朝日新聞の連載小説には、高校生になったさきちゃんとお母さんが登場するそうです。
コメント2
月とは直接関係ないんだけれど、北村薫の中でも異色の短編集。思い出しては歌ってしまうワンフレーズのインパクトと、理由があって母子家庭のさきちゃん(9)とお母さんの日々がほんわかしていて、なんともナイス。

書名『月で遊ぶ』
著者名 中野純
出版社 アスペクト
出版年 2004.10
値段 1500円(税抜)
コメント 月夜の散歩、飲月、月覗き、月虹…由緒正しい月見の風習から著者が生み出した独自の月遊びまで、いい加減さと遊び心満載のエッセイ?集。月夜のイベントに使える。

☆書名 『FULL MOON』
著者名 マイケル・ライト編
出版社 新潮社
出版年 2002.5
値段 2400円(税抜)
コメント アポロ計画で撮影された写真を、写真家マイケル・ライトが選び、編んだ月の写真集。月・地球の写真、といわれたとき真っ先に使えます。この手の本にしては比較的小型なのも魅力。

書名 『作って楽しむ信州の粉食』
著者名 横山 タカ子
出版社 信濃毎日新聞社
出版年 2004.5
値段 1700円(税抜)
分類 596
コメント 例会後、実際にコーナーを作っていて思いついた本。月見団子(とその他の団子)の作り方が見開きで載っています。これを広げておくだけで、何となく暗っぽい「月」コーナーがぱっと明るくなります。

その他思いついた本、参考になるサイトなど
『一千一秒物語』稲垣足穂/『ルナティックス――月を遊学する』松岡正剛/『絵のない絵本』アンデルセン/『夜の神話』『月神の統べる森で』他たつみや章/『月の裏側』恩田陸『月の子』清水 玲子/『ムーン』松本花/『月光公園 : The moon park 』東逸子絵 宙野素子文/『月と六ペンス』S・モーム/『月に吠える』荻原朔太郎/『月魚』三浦しをん/『月の砂漠をさばさばと』北村薫/『僕にお月様を見せないで』阿智太郎 などなど

月の本 - 月を知ろう - 月探査情報ステーション
http://moon.jaxa.jp/ja/books/
ルナエンバシージャパン(月の土地販売)月や宇宙に関する本の紹介
http://www.lunarembassy.jp/books/books.htm


他に思いついたものがあったらどんどんコメント欄に投稿してください。

今月のお題 書式(改訂版)

なるべくA5タテ、横書きでお願いします。


今月のテーマ「      」   作成者「     」

書名『      』
著者
出版社
出版年
値段
分類
コメント


(3冊を目安にお願いします)

その他思いついた本や参考になるサイトなど




15部ほど印刷して、例会にお持ち下さい。
出席できない場合、すでに公開された各月のテーマのコメント欄への投稿も歓迎です。

Webに流用しやすいシンプルな形式のWordファイルテンプレートをつくりました。ご希望の方はHP担当者まで。