2013.5月例会のお知らせ

日時 5月25日(土)13:30~17:00

会場 松本市 なんなんひろば 会議室1 

内容 コーナーを作るネタ  
   よかった例、12か月のアイデア、他県・他校の実践例を見てみましょう。

  持ち物:展示したときの写真や掲示物、展示リストなど、参考になるものをご持参ください。
      鹿児島支部の展示写真(すごいんですよ)も持っていきます。

   全国大会担当分科会について

今後の予定
6月総会 6月15日(土) 松本市 あがたの森文化会館 2-5会議室
     10:30~ 総会
     12:30~ ビブリオバトル 
          出演者公募します。あと2人エントリーお待ちしてます。希望者は事務局まで
     13:30~16:00 ボイストレーニング 
               講師:藤田京子先生
               参加費 会員1500円 非会員2000円
   受講者30人、申し込みは事務局まで、先着順です。
   詳細は後日アップします。
7月例会 7月13日(土) 松本市  全国大会について
スポンサーサイト

2013.4月例会報告

2013年4月例会報告
2013.4.20(土) 松本市なんなんひろば 参加者10名+大町北高放送部 

最近の子どもたちは何を読んでいるのか?

 今回は、2名の方がはじめて例会に参加してくださいました。さらに、大町北高校放送部がTさんを中心に学校司書を取り上げて番組を作成中ということで、生徒2名と顧問の先生1名が取材に来ました。ビデオカメラが回り、参加者が順番に部屋の端で取材を受けながらでしたが、例会の方はそんなことはおかまいなしに、いつもどおり熱く情報交換がおこなわれました。
     はじめて図書館に勤めることになった方がひと言
     「飛び交う言葉についていけずカルチャーショックでした……」
       → あとでMSさまに「フォローが足りない」と叱られました。ごめんなさい。
 最初に、『しなのがくと』の「2012年度貸出予約ランキング」をまとめたGさんから、感想として次のことが挙げられました。
 ・マンガやラノベは回転が速いので、上位にランキングされる。
 ・映画化、ドラマ化など他のメディアにも取り上げられたものは強い。
 ・それでも、学校ごとに特徴が見えてくる。

 つづいて、ジャンルごとに情報を交換していきました。ここでは、そこで飛び交った書名や著者などの情報を書き出す形で報告します。

ラノベ・YA編   ☆が付いているのは複数の参加者から出された本です。
 ・『魔法科高校の劣等生』 佐島勤/著 アスキー・メディアワークス
 ☆『ソードアート・オンライン』 川原礫/著 アスキー・メディアワークス
 ☆『アクセル・ワールド』 川原礫/著 アスキー・メディアワークス
 ☆『とある魔術の禁書目録』 鎌池和馬/著 アスキー・メディアワークス
 ☆『ビブリア古書堂の事件手帖』 三上延/著 アスキー・メディアワークス
 ☆『デュラララ!!』 成田良悟/著 アスキー・メディアワークス
 ・『バッカーノ!』 成田良悟/著 アスキー・メディアワークス
 ・『バカとテストと召喚獣』 井上堅二/著 エンターブレイン
 ☆西尾維新
 ☆紅玉いづき
 ☆『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』 ママチャリ/著 小学館
   →貸出上位には来ないが、男子も女子も読んでいる。
 ・『蛟堂報復録』 鈴木麻純/著 アルファポリス
 ・『祝もものき事務所』 茅田砂胡/著 中央公論新社
 ☆『カゲロウデイズ』 じん(自然の敵P)/著 エンターブレイン
  『悪ノ娘』 悪ノP/著 PHP研究所
   →この2冊のように初音ミクなどのボーカロイド系小説(ボカロ小説)は人気。
 ・『クールジャパンデザイン マンガ・アニメ・ライトノベル・ゲームの
  デザイン特集』 パイインターナショナル
   →デザインの本だが、表紙が初音ミクで人気。
 ・『浜村渚の計算ノート』 青柳碧人/著 講談社
   →これにはまると、次の『数学ガール』に進む子もいる。
 ・『数学ガール』 結城浩/著 ソフトバンククリエイティブ
 ・『グレッグのダメ日記』 ジェフ・キニー/作 ポプラ社
   →小学校の男の子に人気。
 ・『ダレン・シャン』 Darren Shan/作 小学館
 ・香月日輪、あさのあつこ、はやみねかおる
   →中学校から引き続き、高校でもよく読まれる。
 ・女子向けのラノベがあまり振るわない。
   →ホワイトハートを読む子は『かつくら』読む子くらい?
 ・ジャケ借り ワカマツカオリ →とくに女の子に人気
        カスヤナガト
        中村祐介

小学校の様子は?
・小学校の子どもたちが何を読むかは、とくに学校図書館の蔵書に左右される。それなのに予算が少ないのは大きな問題だ。いつも自分で薦められる本を準備しておいて、提供していかなくてはと思う。
・『妖怪アパート』のシリーズは人気がある。今の図書館に来て、青い鳥文庫があまり所蔵されていないので、子どもたちがかわいそうだと感じた。古本を買って少しずつ揃えているところ。
・『火曜日のごちそうはヒキガエル』(評論社)の新しい版をシリーズで購入したら、低学年に人気。
・伝記の棚を揃えたら、子どもたちが少しずつ読みはじめている。
・こわい話を読みたがる。『怪談レストラン』と『学校の怪談』はあるので、ほかに何かお薦めはないか?
  →『本の怪談シリーズ』(ポプラ社)、外国の怪談は?

文学編  YA編との区別が微妙ですが……。
 ・朝井リョウ、有川浩、神永学
 ・『君に届け』 椎名軽穂/原作、白井かなこ/著 集英社みらい文庫版
   →小中学生向けに書き直してあるので、安心して薦められる。
 ・『きみが見つける物語』(角川文庫)、『いつか、君へ』(集英社)
   →アンソロジー
 ・『世界から猫が消えたなら』 川村元気/著 マガジンハウス
   →今、予約がたくさんついている。泣ける。
 ・『旅猫リポート』 有川浩 文藝春秋 →これも泣ける。
 ・最近シェークスピアの作品をときどき借りに来る。
   →私の学校も、という声が複数あり。アニメや漫画で取り上げられたのを見て、興味をもった生徒が借りに来るようだ。SFの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』や『1984年』なども同様。
 ・「文学編」でもジャケ借り 芥川や太宰の表紙に漫画家を採用したもの
 ・『ゾロリ』のシリーズは、教員の間で賛否両論がある。
   →いまだに『ゾロリ』を読めない教員がいるのか! と叫ぶ声あり (^_^;

リアル系編 
 ・『ジョジョの奇妙な名言集』 荒木飛呂彦/著 集英社
  『ワンピース ストロング・ワーズ』 尾田栄一郎/著 集英社
  『サンジの満腹ごはん 海の一流料理人』 SANJI/著 集英社
   →コミックなどの名言集など。
 ・『勇気をくれる後ろ向き名言』 鉄人社
  『僕が旅に出る理由』 日本ドリームプロジェクト/編集 いろは出版
  『Dear. WILD CHILD』 高橋歩/文・写真 A-Works
  『LOVE&FREE WORDS&PHOTOS』 高橋歩/文・写真 サンクチュアリ・パブリッシング
   →短いことばと写真を組み合わせた、息抜きできる系。
 ・『のせ猫 かご猫シロと3匹の仲間たち』 SHIRONEKO/著 宝島社
 ・『野球部あるある 野球小僧』 菊地選手/著 白夜書房
 ・『吹奏楽部あるある』 吹奏楽部あるある研究会/著 白夜書房
 ・『届かなかったラヴレター』 文芸社
 ・『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』
                      鈴木鋭智/著 中経出版
 ・『大学図鑑!』 オバタカズユキ/監 ダイヤモンド社
 ・『それ、恋愛じゃなくてDVです』 滝田信之/著 WAVE出版
 ・『ゲームシナリオのための○○○事典』 山北篤/著 ソフトバンククリエイティブ
 ・『空想科学読本』 柳田理科雄/著 メディアファクトリー
 ・『図解雑学 刑法』 船山泰範/著 ナツメ社
 ・『サムソン先生のダジャレ英語学習帳』 よしながこうたく/さく 長崎出版
 ・『かんさい絵ことば辞典』 ニシワキタダシ/著 ピエ・ブックス
 ・『仕事場がよくわかる!社会科見学』シリーズ ポプラ社
 ・『○○世界のサバイバル 生き残り作戦』 洪在徹/文 朝日新聞出版
 ・『秘密基地の作り方』 尾方孝弘/著 のりたけ/イラスト 飛鳥新社
 ・『よこしまくん』 大森裕子/著 偕成社
 ・ガーフィールドの絵本
 ・戦国武将の本 →カッコいい絵で描かれているもの。ゲームから興味を持って。
 ・お菓子づくりの本
 ・ミサンガの作り方の本
 ・DaiGoのメンタリズムの本

コミック編  ここはタイトルだけ書き出します。
 ・銀の匙      ・百姓貴族      ・宇宙兄弟
 ・ちはやふる    ・うた恋       ・岳
 ・ONE PIECE     ・スラムダンク    ・リアル
 ・鋼の錬金術師   ・3月のライオン   ・のだめカンタービレ
 ・GIANT KILLING   ・やさぐれぱんだ   ・日本人の知らない日本語
 ・マンガで分かる心療内科         ・ジブリのアニメ絵本
 ・しずくちゃん(←小学校)

ガイドブック編
 ・このライトノベルがすごい! 2013 宝島社
 ・このマンガがすごい! 2013 宝島社

 Help! 

 漱石の『こころ』を、お嬢さんの視点からマンガ化したものを探しています。10年ほど前に出たものだそうです。
 ご存知の方はコメントに書き込んでください。