しなのがくと1月号 アンケートのお願い

「しなのがくと」1月号では、「2014年のベストブック」と「館内の要らないものを再利用(仮)」という特集を行う予定です。つきましては以下のアンケートにお答えください。年末年始の忙しい時期に恐縮ですが、みなさまのお答えがあっての特集です、何卒ご協力をお願いしますm(__)m
締切:1月9日(木曜日)

1.あなたが選ぶ2014年のベストブックを教えてください(コメントもお願いします)
(※ 書名・著者名・出版社(出版年)を必ずお書きください)

2.図書館や身の回りにあるもので「何かに使えればいいのに」と思う不用なものを教えてください
(例:古新聞、目録カード、本の帯……など)


送付先:〒3808515長野市上松1-16-12 長野高校内 図書館 担当宛
      FAX:026-234-350
スポンサーサイト

しなのがくと282号 いつもと違う号 発行されました

特集 ネット発コンテンツの小説化
ボカロ小説・フリゲ小説の特集です。







東日本ブロック集会へのお誘い

大寒の長野へいらっしゃい 東日本ブロック集会 in諏訪・塩尻
【日時】 2015年1月24日(土)・25日(日)
【内容】
1日目 24日(土) 
•集合は諏訪清陵高校 受付13:45~
•14:00~ 長野県諏訪清陵高等学校・附属中学校 見学
•15:00~16:30  学校司書・清水満里子さんの実践報告
報告:学校設定科目「SSH情報」における、学び方の学びへの授業支援と、
この春開校の附属中学校での活動について、報告をいただきます。

•18:00~ 上諏訪温泉に宿泊し交流会
宿泊・交流会会場 上諏訪温泉 ホテル紅や (http://www.hotel-beniya.co.jp/)
一泊二食付 8,790円(諸税込) ※宿泊部屋の和洋タイプはホテルに一任です。
交流会のみの参加費 @5,400円(税込)飲み代別

2日目 25日(日) 移動は長野支部で車を出す予定
•10:00~12:00 塩尻市立図書館・えんぱーく見学
図書館運営・小中学校への支援についてもお話を聞きます。

【申し込み締め切り】
必要事項:名前・所属・連絡先・緊急連絡先・参加区分[一日目・宿泊・交流会のみ・二日目]・学図研の全国会員か否か
学校図書館問題研究会HPから  http://gakutoken.net/meeting/e-japan/
あるいは 辰野高校 林貴子 電話0266-41-5986(図書館直通) Fax44-1001 

•宿泊を伴う申し込み 12月26日(金)
•見学・交流会の申し込み  1月14日(水)
•見学だけでしたら、ぎりぎりまでお受けできます


全国の皆さんとお会いできる機会です。ぜひご参加ください。

2014年12月例会はお休みです

終日、本の編集会議を行うため、12月例会はお休みします。
よろしくお願いします。

2014年11月例会報告

 Gさん、Mさんのお二人から「ボーカロイド小説、ゲーム小説の現在」というお題でレクチャーを受けました。
 ボーカロイドとは何か?ボーカロイド曲(ボカロ曲)とは?ボーカロイドの歴史、フリゲ小説とは?などなど詳しく教えていただきました。
 ボカロ小説に関し、新たに発見したことは、ずっと気になっていた作者の後ろのPがプロデューサーのPだということ。元のボカロ曲は、隙間が多いため隙間を埋めるべく小説化、漫画化されること。最近では、メディアミックスされることを視野に入れてそれらがなされているということなどでした。カラオケにボカロというジャンルがあることや、「このボカロ曲がすごい!」いう雑誌まであることは、驚きでした。
 フリゲ小説に至っては、はじめてその名前を聞いたという程無知でしたが、フリーゲーム小説の略であること、フリーゲームとは、プロが作ったゲームソフトではなく、ネット上に配布されている自主制作ゲームであること、それらの実況動画に人気があり、ノベライズの人気につながっていることなどがわかりました。「青鬼」がフリゲ小説であったということを初めて知りました。
 今後の展開として、ますますボカロ小説やフリゲ小説といったネットを最初の媒体としたものの小説化や漫画化が拡散していく傾向にあり、学校図書館としてもこれらの動向に目が離せないと言えます。また、誰もが簡単に表現活動ができる時代になり、その表現活動の管理についてもいろいろな考えがあるようです。
 R中学校やT高校の事例発表もあり、ゲーム小説である「薄桜鬼」から新撰組に興味を持って「燃えよ剣」などに移行していった事例などが参考になりました。