「学校図書館の教育力を活かす」塩見昇著 のご案内

塩見昇さんの新刊のご案内です。
http://www.jla.or.jp/publications//tabid/87/pdid/p11-0000000461/Default.aspx

「学校図書館の教育力を活かす」
(「学校を変える可能性」JLA図書館実践シリーズ 31)

著者・編者:塩見昇著
発行:日本図書館協会
発行年:2016.11
判型:B6判
頁数:178p
ISBN:978-4-8204-1613-5 本体価格:1,600円


学校図書館の歴史、学校に図書館がある理由など、私たちが今知っておかなければならないことが、まとめられています。
学図研のことも書かれているそうです。
スポンサーサイト

『図書館ノート 沖縄から「図書館の自由」を考える』 のご案内

沖縄国際大学で図書館学を教えていらっしゃる、山口真也さんの新刊のご案内です。

沖縄から見る図書館の自由、報道の在り方など、示唆に富む内容です。
沖縄を修学旅行先にしている学校には、事前学習のヒントがあると思います。


『図書館ノート―沖縄から「図書館の自由」を考える 』
山口 真也 著
教育史料出版会 (2016/08)

2016年10月例会のお知らせ

10月は あがたの森文化会館が会場です、ご注意ください。
日 時 10月29日(土) 13:30~
場 所 松本市 あがたの森文化会館 2-3会議室
内 容 ・「語り」をやってみませんか? + ちょっとボイストレーニング
小学校の司書の皆さんは実践している「語り」も、中高校ではなかなか機会がありません。流儀はともかく、一回「素語り」にチャレンジしてみましょう。ネタのすり合わせはしません。あなたなりの語りを持ち寄ってください。
   ・全国委員会からの報告と宿題