2011.6月 総会のお知らせ

  つながるひろがる公共図書館
  「えんぱーく」にあつまろう
 塩尻市の中心に「えんぱーく」があります。そこには市民生活に大切な5つの重点分野、「図書館」「子育て支援・青少年交流」「シニア活動支援」「ビジネス支援」「市民活動支援」の施設が置かれ、相互に融合した活動を行なっています。その様子については新聞記事などで報道されているところです。今回、この新たな図書館作りに当初から関わった、図書館長の内野安彦さんからお話を伺い、図書館を見学させていただくことになりました。
 図書館設置の経緯と現状とこれから、また学校図書館とどう関わっていくのか、図書館で働く職員はどうあるべきかなど、「図書館」を考える上で必要となるポイントが見つかると思います。ぜひご参加ください。

講師・講演時間が変更になっております
講 演 「 塩尻市立図書館の目指すもの 」
日 時 2011年6月25日(土) 13:30 ~ 14:30 

       ※講演後塩尻市立図書館の見学 15:00~
場 所 塩尻市 総合文化センター 205号室
       長野県塩尻市大門七番町4-3  TEL:0263-54-1253
 
スケジュール
10:30~12:00  総会(会員のみ) 会場展示「三冊屋」→方法は以下に
         昼食時に全国大会担当ナイターの打ち合わせ
13:30~14:30  講演会  会場片付け後、図書館へ移動
15:00~     塩尻市立図書館見学 

どなたでも無料で参加いただけます。お気軽にお出かけください。


三冊屋の説明
松岡正剛氏の提唱する 「本はつながっている」「本は3冊で読む」という考え方から生まれました。(松岡正剛『多読術』)
方法は
・自由にジャンルを超えて、自分なりの「つながり」を見出して3冊選ぶ。
・どんな「つながり」「テーマ」なのかを書いたカードを添える。 です。
当日会場に展示します。本3冊を紐で縛り、どんなつながりやテーマなのかを書いたカードを添えて、ご持参ください。いくつもってきてくださってもよいですよ。

よくわからないぞ? という方は、
松岡正剛氏が主催する「イシス編集学校」のHP http://es.isis.ne.jp/sansatsuya/
や、しなのがくと2011.3/4月号をご覧ください。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する