今月のお題「部活・クラブ」

新入生にとってクラブ・部活動を何にするかは、学校生活においてかなり重要な要素です。体育系・文化系・理系等々ほとんど重なることなく様々なジャンルが出そろいました。
☆印が例会で評判が良かったものです。

音楽系
☆書 名 スウィングガールズ
著者名 矢口史靖
出版者 メディアファクトリー
出版年 2004.9
値 段 1050円
コメント この本に憧れて吹奏楽に入るのはいいけど、これを実践しようとすると浮くかも。
コメント 文化系の部活で思いつくのがこれ。でも本よりやっぱり音楽が聴ける映画をお薦めしたい。
書名『楽隊のうさぎ』
著者名  中沢けい
分類 913.6
出版社  新潮文庫
値段   514(税抜)
出版年  2003
コメント「できるだけ学校にいる時間を短くしたい」そんな思いで中学校に入学した克久は、なぜか吹奏楽部に入部する。打楽器をまかされて、徐々に音楽にも目覚めていく主人公の成長物語。コンクールでの演奏シーンは読んでいて鳥肌が立つほどカッコイイ!!

理系
☆書名 『 やわらかな記号 』
著者  小川 みなみ
出版社  講談社
出版年  1995 
価格   1529円 
分類   913,6
コメント 高校の生物部がナメクジの作った記号によってワープしてしまう話です。お題が部活と知ったときに、真っ先に思いついた本です。

書 名 いきいき物理わくわく実験 1 改訂版
著者名 愛知物理サークル 岐阜物理サークル
出版者 日本評論社
出版年 2002.3
値 段 2100円
コメント 高校時代、科学部物理班だった者としては、はずせない! 科学部に入って、さっそく実験しよう。

歴史・民俗系
書名 『 裏山の宇宙船 』
著者  笹本 祐一
出版社  朝日ソノラマ
出版年  2005 
価格   1155円
分類   913.6
コメント クラブの存続をかけて、「民俗伝承研究会」のメンバーは、大雨で崩れた裏山から現れた黒い物体の発掘を始める。

書名『僕と先輩のマジカル・ライフ』
著者名  はやみねかおる
分類 913.6
出版社  角川書店
値段 1200(税抜)
出版年  2003
コメント あこがれの大学生活を始めた主人公・快人。同じアパートに住む長曽我部先輩の陰謀により、「あやかし研究会」の下っ端にされてしまった。長曽我部先輩に率いられ、妖しい事件に立ち向かう「あやかし研究会」。先輩だけでなく幼なじみの霊感少女春奈にまで振り回される快人の明日はどっちだ。
  
文芸・演劇系
書 名 別役実のコント教室
著者名 別役実
出版者 白水社
出版年 2003.12
値 段 1785円
コメント この笑いを実際の生活の中で実践してみたいと思ってしまうのは私だけ? 実生活でやると白い目で見られるだろうけど、ぜひ演劇部で活かしてみよう。

書名 『 スキップ 』 
著者  北村 薫
出版社  新潮社
出版年  1995 
価格   1800円 
分類   913.6
コメント 初めて読んだときに、取材しただけだったら、絶対こんなふうに高校のことわからないよねって思ったのですが、やっぱり北村薫は高校の国語の先生をしていた人でした。新入生への部活紹介で、部員一人の演劇部の少女が、かえる語の演説をするシーンが印象的。

書 名 もう一度だけ新人賞の獲り方おしえます
著者名 久美沙織
出版者 徳間書店
出版年 1994.8
値 段 1260円
コメント 読んだから獲れるわけでもないけど、書くコツはわかるかも。文芸部に入って新人賞を目指せ。

書 名 僕はかぐや姫
著者名 松村栄子
出版者 福武書店
出版年 1991
値 段 1100円
分類 913.6
コメント 今年のセンター試験の問題にもなりました。文化系の極み、女子校の文芸部に集う女生徒たちの人間模様。だいたい学年にひとりはいる(例会では「いるの?」と言われましたが)、一人称「僕」の女の子は図書館とも相性がいいのではないかと思います。

その他文化系
書名『雨にもまけず粗茶一服』
著者名  松村栄子
分類 913.6
出版社  マガジンハウス
値段  1900(税抜)
出版年  2004
コメント 武家茶道宗家の跡取り息子、遊馬は大学進学に失敗して家出。「茶道」を振り払って逃げてきたはずの場所で安息が得られるかと思いきや、いつの間にか「茶道」にかこまれた生活を送ることに。…部活本ではないが、茶道に興味のある人にオススメ。


体育系
☆書名『800』
著者 川島誠
出版社 角川
出版年 2002
値段 590
分類 913.6
コメント 陸上のしかもマイナーな800メートルを選んだ中沢。まさに部活と青春、と陸上部員がおすすめしていました。『セカンド・ショット』(バスケ)も

書名 『青が散る』
著者名 宮本輝
分類 913 
出版社 文春文庫
値段 520円(税抜)
出版年 1985年
コメント 三流大学の弱小テニス部を舞台に、青春特有の出来事に葛藤する不器用な若者の姿を鮮やかに描く。スポーツ、恋、友情、人生における勝者と敗者を見つめる著者のまなざしは優しい。会心の青春小説。

書名 『夢をつかむイチロー262のメッセージ』
著者名 イチロー
分類 783
出版社 ぴあ
値段 1000円(税抜)
出版年 2005年
コメント 野球をする者はもちろん、野球に縁がない者もハッとさせられる一流の言葉がつまっている。運動部の生徒と話すきっかけに最適。

書名 『ウォーターボーイズ』
著者 矢口史靖
分類 913
出版社 角川文庫
値段 438円(税抜)
出版年 2001年
コメント: ひょんなことから男子のシンクロ部を立ち上げた主人公だが、周囲の無理解、揶揄がやがて応援に変わってゆく。妻夫木聡主演の映画も面白かった。

書 名 がんばっていきまっしょい
著者名 敷村良子
出版者 幻冬舎文庫
出版年 2005(1996)
値 段 495円
コメント 居場所がないと感じていた女の子が高校に入学して一から始めた女子ボート部。仲間集めから厳しい練習、ライバルの出現、恋、そして挫折、何もかも定石通りなのにやっぱり面白い文句なしの部活小説です。/せっかく映画化・ドラマ化されたのに表紙が地味なのがもったいない!の声多し。

書名『バッテリー』
著者 あさのあつこ
出版社 角川
出版年 2002
値段
分類 913.6
コメント 部活の王道といえば野球部。ということで。



その他に出たもの
『一生分の夏』甲子園球児がテーマ/村上淳子『本を読んで甲子園に行こう』静岡のとある高校野球部での取り組み。/森絵都『ダイブ①~④』ダイビング/米沢 穂信『氷菓』(古典部)/甲田 学人『Missing』(文芸部)/沢野まこと『てっぺんで月をみる』(山岳部)/古厩智之/大崎知仁『ロボコン』/五十嵐貴久『2005年のロケットボーイズ』/岩井俊二『花とアリス』(落語)/伊藤たかみ『ぎぶそん』(バンド)/はやみねかおる『3つ子シリーズ』/『スラムダンク』/『櫻の園』/『しゃにむにGO』/『ザ・マンザイ』/『図書館の神様』/『テニスの王子様』/『イリアの夏UFOの空』
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する