3月例会報告「パネルシアターは生身のコミュニケーションツール」

2005.3.19 松本市なんなん広場 参加者12人

 連続講座・第3回目はパネルシアター。
 パネルシアターとは、ネルを貼った背景に、不織布(Pペーパー)を切り抜き、マジックで縁取りをし、ポスターカラーで色を塗った絵を貼り付けて演じるもの。古宇田亮順先生によって「パネルシアター」と命名されたそうです。
 少し斜めに傾けたネルの背景に、磁石ものりもないのにくっつきます。裏返してもくっつくので、それを利用して、後ろ姿を描いたり、動きを出したりできます。いくつかの部品に分けて、糸で一点を止め、動きを出すことも出来ます。ふたつ貼り合わせて切り込みを入れ、ポケットにしてそこからいろいろなものを出したりも出来ます。いろいろ細工をして、重くてくっつかなくなったら裏に背景と同じネルを貼ると落下しません。野外で使いたい場合は乾くと耐水性になるアクリル絵の具で塗り、ニスを塗り重ねるといいそうです。 作り方1作り方2




 講師の伊藤理恵子さんによる「パネルシアターの歌」で始まった実演は、
 バナナが飛び込む船長さんの口が、開くように糸を使って工夫された「バナナの歌」
 逆さ言葉(こぶた→たぶこ)のアレンジも入った「こぶたぬきつねこ」
 手あそびつき(一部苦戦!)の「あんたがたどこさ」
 歌につれて五段飾りのおひな様が完成する「うれしいひなまつり」
050319bs.jpg


 卒業シーズン向けの「ありがとう・さようなら」
 ラベルの説明や、本の整頓などを呼びかける図書館オリエンテーション用のプログラム
 「だあれ、だあれ ○○のは」と問いかけてお話の登場人物(桃太郎やかぐや姫)を当てるクイズ(答えると、主人公が桃や竹から登場する…著作権に注意!)
 絵札を8つ並べて、参加者が選んだカードを当てる手品(何でわかるの?)
 『折り紙ワンダーランド』から、花の種をまくと花が咲くマジック
 背景にかぶせられる、白いレースの雪のカーテンが効果的な「北風小僧の寒太郎」
 
 ここからは背景を黒くして、部屋を暗くし、ブラックライトで照らす、きらびやかな蛍光塗料を使った作品です。
 まずは夜を彩る星の歌
 夜道に光る目の持ち主(カエル、ネコ、フクロウ、お化け!、自転車)を、鳴き声(音)で当てるクイズ(最初は目だけ、ひっくり返すと正体が)
 蛍光塗料と蓄光シールを使い分けてふたつの絵柄を浮かび上がらせる花火の歌
 闇夜に浮かび上がる骸骨をはじめとして、絵の表裏を交互に見せてアニメーション効果を出すショー
 星図を描いた上に透けるチュールを重ね、そこに星を貼り付けて、間に黒い紙を挟んで、最初は星だけを、次に黒い紙を抜いて、星と星図を重ねて見せる星座の紹介
 つづいて「この広い野原いっぱい」
 毎年夏にやるという、美空ひばりが広島平和音楽祭で歌った「一本の鉛筆」でしみじみと幕を閉じました。




Q&A
Q ほとんどが歌いながらの実演でしたが、お話はやらないのですか?
A パネルシアターはどうしてもインパクトで本に勝ってしまう。やはり本には本で出会って欲しいという気持ちがある。パネルに出来てお話には出来ないものというように、自分の中で分かれてきたので、それぞれ使い分けるようにしている。
Q 体育館のような広いところでも出来ますか?
A 絵の縁取りを太く、しっかりすれば大丈夫。
Q ブラックライトは相当暗くしないとだめでしょうか
A かなり暗くないとよく見えない。ブラックライトは紫外線なので、小さなお子さんがいるときにはとくに、長時間にならないように気をつけて。

その後、お話しする中で、テープを使うところもあるけれど、なるべく生の声を使って、演じるというよりも、観客とやりとりしながらすすめていくことが魅力なのではないかという声がありました。隙がなく、テレビのように観客が眺めてしまうものよりも、生身の人間同士のコミュニケーションの手段としてとても優れていると感じました。
 当日、伊藤さんは体調が悪く、声が出にくいところ、無理をおして「生の声で」実演をして頂きました。

(文責 AT)
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#6 役者よ
伊藤さん役者だな。つくづく感じました。
3連続講座中、一度もやったことがないパネルシアターを、初めて間近で見ました。
かみしばいもブックトークもこれも、聞き手とのコミュニケーションが大切ですが、私にとってはパネルシアターが一番苦手かも。
女優にゃなれません。
でもすごく楽しかった。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する