ミッケ! 次の一冊みっけ!

★ミッケのキーワード
視覚重視・探索・発見系・みんなで楽しめる・ミクロの世界
字がない本だって世の中にはある! ということを分かって楽しんでもらえればいいのではないか。

○探索→発見系 
遊ぶ系(仮)
『ウォーリーを探せ』シリーズ
『どこどこセブン』シリーズ キッズレーベル 自由国民社 →間違いさがし
『旅の絵本』6冊 『もりのえほん』 安野光雅 福音館書店
『時の迷路』シリーズ 香川元太郎 PHP研究所
『ぴったりはまるの本』佐藤雅彦+ユーフラテス →そこにない物を、輪郭で「探す」
発見系(仮)
『バムとケロのにちようび』『かばんうりのガラゴ』ほか 島田ゆか 文渓堂
『もりのかくれんぼう』末吉暁子/林明子 偕成社
『はじめてのおつかい』筒井頼子/林明子 福音館書店
『ふゆめ がっしょうだん』 長新太ほか 福音館書店
『超芸術トマソン』『路上観察学入門』ほか 赤瀬川原平 筑摩書房
『日本語でどづぞ―世界で見つけた爆笑「ニホン」誤集』柳沢有紀夫 中経出版

○立体視の本
 3Dとかマジックアイの名称でいろいろ出ているが、見られなくて悔しい思いをすることが… そんなとき、たいていの生徒が見られるこの2冊はおすすめ。
『任意の点P』 佐藤雅彦研究室 美術出版社
  単に立体で見えるだけではなくて、立体で見えることに「意味がある」図になっているところがポイント。
『立体で見たい地球の必見スポット』 ニュートンムック
「かがくのとも」掲載 佐藤雅彦「中を想像してみよう」

○錯視・だまし絵の本
『錯視完全図解』ニュートンムック別冊 有名なものはたいてい載っているうえに図が大きくてカラー。
『エッシャーの世界』ブルーノ・エルンスト 朝日新聞社
マグリットもよい。
『へんな立体』『すごくへんな立体』 杉原厚吉 誠文堂新光社 →実際に作れる
『空想の絵本』『ふしぎなえ』 安野光雅 講談社
『高橋克彦の浮世絵ワンダーランド』 高橋克彦 平凡社
  日本にも「見ることの不思議を楽しむ」文化があった
『光の旅かげの旅』アン・ヨ-ナス 評論社
『視覚ミステリーえほん』ウォルター・ウィック あすなろ書房
『あれ!あれれ!目のさっかく?』科学であそぼう1 出沢正徳 岩波書店
昆虫の擬態系
『くものすおやぶんとりものちょう』 秋山亜由子 福音館書店
昆虫写真 栗林慧/今森光彦

○発想を楽しむ
『勝手に広告』中村至男+佐藤雅彦
 考えて、うならせる、知的に人の注意をひくアイデアがいっぱい
『うめめ』 梅佳代 リトルモア
  思わず笑ってしまう写真の数々。でもどうして笑ったのか、考えるとまた面白い。
『スモールプラネット』 本城直季 リトルモア
  ものを「見る」機能を、自分の中で切り替える感覚が面白い。

最後に「見えているのに見えてない」「あるはずなのに見えない」が発展系かな、という意見がでました。例えば
吉田修一『静かな爆弾』 京極夏彦『姑獲鳥の夏』 メーテルリンク『青い鳥』 茂木健一郎『アハ!体験わかった瞬間、頭がよくなる』など
「愛情はすべてそうよね~」という意味深な言葉で幕を閉じました。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する