「ケータイ小説」の次の1冊

 あらかたケータイ小説を読みつくした生徒が「何かお勧めの本ない?」と聞いてきたとき、あなたは何を勧めますか? 2007年9月例会で挙げられたケータイ小説の特徴を元に、その分野ならコレ! という本を、いくつか紹介してもらいました。

ケータイ小説のキーワード
 ・書式が横書きの本  ・実話・実録系・リアル系  ・「泣ける」「死を伴う離別」「純愛」  ・短編小説集・アンソロジー  ・10代の書き手

○書式が横書きの本 短めの内容 コトバ集のような形態のもの 
『わたしたちの名言集Best100』 ディスカヴァー21編集部編 
『I miss you…』 ディスカヴァー21著
『あなたが生きる今日が素晴らしい』  ほか きむ作 いろは出版
『カナヘイの本』  カナヘイ  集英社
『スキ。』広瀬裕子など、詩集の中にも横書きあり
『天国の本屋』  松久淳+田中渉 かまくら春秋社 
『あいつ、かっこよかった』 クィヨニ著
 

○実話・実録系・リアル系 →フィクションか否かと言うよりは、「そのように見える」ことの方が大事なようです。
『あおぞら』 星野夏
『最後の言葉』『蒼い旅の続き』 川嶋あい
『ハッピーバースデー』『アナザーヴィーナス』 青木和雄
『十七歳』  ほか 井上 路望著 ポプラ社 1999.1 実話
『傷つかずになんて生きれない』 ますい さくら著 ポプラ社 2000.7

○「泣ける」「死を伴う離別」「純愛」などケータイ小説のキーワードと重なる本
 →難病系、動物系、あるいは村山由佳・中村航・市川拓司・片山恭一・江國香織など
『届かなかったラヴレター』 間下 このみ写真 文芸社 2005.2
『犬と私の10の約束』
『マリと子犬の物語』

○短編小説集・アンソロジー →要注意。実力派作家系のアンソロジーなどは引かれてしまうこともある。短ければいいというものではないらしい。
・祥伝社編集のアンソロジー、ハードカバー・文庫 『Friends』『LOVE or LIKE』など→男性・女性作家別になっている。対象年齢高校生以上か。
・ジャイブ編集のアンソロジー、文庫『Kiss.』『卒業』など YA作家陣対象中学生以上か
・ダ・ヴィンチ編集のアンソロジー 『君へ。』『秘密。』など 表紙が若い女性で訴求力有り。
・赤木かん子編集のアンソロジー ポプラ社 このラインではちょっとハードルが高いかも。
ほか、双葉社・角川春樹事務所・新潮社など

○10代の書き手
河崎愛美『あなたへ』
三並夏『平成マシンガンズ』

中学でケータイ小説つながりで受け入れられた小説
『クローバー』 中村航
『シャイニング・オン』 ジャクリーン・ウィルソン著
『朝のひかりを待ってるから』 アンジェラ・ジョンソン著
『SO B IT』 サラ・ウィークス著
『グリーン・レクイエム』 新井素子
『トワイライト』

話の中で「中学生はよく読む生徒がケータイ小説も読んでいる」「高校は反対だね」という話が出ました。

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する