7月例会報告

2005.7.30 松本市なんなん広場 参加者12人

今年度の例会の内容について検討されました。全国大会前のプレ集会は例会を兼ねる形で、開催地は長野市、メルパルクかJA会館か高校教育会館、3回程度開催することがいいのではないかということになりました。プレ集会の内容としては、図書館・読書関係の講演をやっていただけたらということになりました。さらに昨年からの懸案である読み聞かせ関係の講演、情報検索とブログの活用法。昨年全国大会で長野支部が企画した図書館ができる授業支援のまとめ、パスファインダーの制作など、来年の長野大会に向けて充実した例会をしていくことが確認されました。
8月の例会の内容について検討がなされました。8月の例会は、神奈川大会の反省と、その後、「月」から連想する本の紹介をすることになりました。本の紹介をするにあたって事前に参加者がA5判の用紙に月から連想する本を2~3冊、書名・著者名・出版者・出版年・価格・ひとことを書いて持ち寄ることになりました。また毎回テーマを決めて例会参加者がテーマに連想した本を紹介することになりました。
 神奈川大会分科会5「利用者の調査(研究)に役立てるパスファインダー」の打ち合わせを行いました。最初に分科会の進行について検討がなされました。パスファインダーの説明、パスファインダーの作成使用報告、他支部・他期間報告をそれぞれ行い、休憩をはさんで後半に事前に個々で準備した宿題を利用して、グループ毎に「ゴミ・リサイクルについてのパスファインダー」を実際に作成して、その過程ででてきた課題や疑問点を分科会の最後に出してもらうことにしました。参加者一人一人に作成作業に手がけてもらえるようにという理由から、7~8人の7グループで進行していくことになりました。さらに分科会で作成したグループ毎のゴミ・リサイクルについてのパスファインダーは、分科会後印刷して参加者全員に配布することになりました。
 来年度開催予定の第22回大会(長野)について検討されました。長野大会運営のために、今年開催される神奈川大会について参加者が可能な限り大会の模様をみてくるようにということがでました。

(文責T.H)
Webへの掲載にあたり、A.Tが加筆訂正しました
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する